アトリエ郷生を訪ねて頂き、ありがとうございます。

埼玉県大里郡寄居町の工房で、子供たち(わらべ)やお地蔵様等の制作に励んでおります。

懐かしいふるさとを思い出す田んぼや雑木林などで、笑顔の子供やお地蔵様の写真を撮り続けています。

このホームページで、私の作品や展示活動を知って頂き、皆様のお役に立てる出会いの場になればと思っております。

ご覧頂きました方々にとって、心和む癒しの時間になって頂ければ幸いです

 

 

わらべ

 

 わらべの素朴な表情や笑顔を、季節を背景に表現できればと思います。

 

お地蔵様

 

昔から道端などで私たちの生活を見守ってくださるお地蔵様。お地蔵様は仏教では「地蔵菩薩」と呼ばれ成仏を求める修行者です。様々な願い事を求める私たちの信仰の対象として大変人気があります。

私の作るお地蔵様は、心癒されるほっと和むような作品を目指しています。

 

 

ふくろうは「不苦労」「福来郎」「福朗」「福老」などの語呂合わせから、福を招く縁起の良い象徴として親しまれています。

私の作る作品は、ふくろうの中でもミミズクをイメージした物を多く作っています。



作品の原料は陶土(粘土)を使い、800度~1200度程度で焼成します。

わらべはテラコッタ粘土(イタリア語で素焼きの事)を使用しています。

日本ではテラコッタは、土偶や埴輪が代表的な素焼きの焼物です。

お地蔵様やふくろうは、信楽粘土等を使い釉薬をつけて1200度台で本焼きしています。